国際エンゼル協会

Topics

« バングラデシュ 奨学生からの便り 〜卒業後の報告 | メイン | バングラデシュ 奨学生からの便り〜卒業後の報告 »

バングラデシュからの報告〜現地スタッフによる救援(毛布)

2024年01月24日

暖かいと言われるバングラデシュですが、それでも冬は10℃を下回ることもあります。今年は特に寒波がひどく、北部では平均気温が6℃の日もあるそうです。エンゼルの現地スタッフ達は毎年みんなで義援金を積み立てし、冬場に寒さで困っている北部の農村に毛布を届けています。
今年はエンゼルホームから北へ車で9時間のところにある最北部国境の県ボンチョゴルの農村へ毛布100枚を届けました。エアコンはもちろん、電気すら満足に無い家も多く、皆さん新しい毛布にとても感謝されていました。


%A3%B2%CC%D3%C9%DB.jpg


%A3%B3%CC%D3%C9%DB.jpg


%A3%B4%CC%D3%C9%DB.jpg


1%CC%D3%C9%DB.jpg

国際エンゼル協会 HOMEへ HOME お問合せ 個人情報の取扱い