国際エンゼル協会

Topics

« 2021年04月 | メイン | 2021年06月 »

バングラデシュからの報告 〜エンゼルホームの様子

2021年05月26日

バングラデシュでは、現在もロックダウンが行われています。銀行や医療関係、一部の商社を除き外出規制が課せられています。学校は去年の3月からずっと再開できていません。それでも毎日100人以上がコロナウイルスの影響で亡くなっています。

エンゼルホームの子ども達はこの先の見通せない不安の中、皆で協力して決められたことを守り、楽しく生活しています。4/14のバングラデシュのお正月にはきれいに着飾り、歌や踊り、ご寄付いただいたトランペットを演奏して楽しみました。

学校には行けませんが、ホームに下宿しているYURIKOエンゼルスクールの先生達に勉強を教わったり、パソコンをしたり、踊りを練習したりして生活しています。

残念ながら職業訓練所や識字教室はまだ休止となっていますが、ロックダウン解除後には再開する予定です。クリニックは開いており、引き続き地域医療の一助を担っています。

バングラデシュは今、ジャックフルーツやマンゴなど様々な種類のフルーツの収穫期で、子ども達は自分達で育てたフルーツや作物を収穫し喜んで味わっています。


4.25%A5%D0%A5%F3%A5%B0%A5%E9%C0%B5%B7%EE.jpg
     バングラデシュのお正月(4/14)のお祝い


1615899443469%BE%AE.jpg
     収穫したさつまいもに喜ぶ子ども達


Biwa%20-%20FruitsHP%BE%AE.jpg
      ビワの木になった実を収穫


IMG_0975%BE%AE.jpg
  大きな実がなったジャックフルーツの木


国際エンゼル協会 HOMEへ HOME お問合せ 個人情報の取扱い