国際エンゼル協会

Topics

« 2022年11月 | メイン | 2023年01月 »

バングラデシュからの報告 ー職業訓練所卒業生のその後

2022年12月27日

彼女はスマイヤ・アクターさんです。2022年の1月から行われたTTC第88期生の生徒さんでした。彼女は2021年9年生(日本の中学3年生)まで学校に通い、翌年TTCの研修プログラムに参加しました。

彼女の家はエンゼルホームから北に150卍のところにあるシェルプールにあります。彼女には小学一年生の弟がおり、弟の学費や家の生活費のため、研修で習った技術を活かして縫製の仕事をしています。

「国際エンゼル協会の職業訓練を受けることができたおかげで、私は縫製の仕事ができ、家族を助けることができるようになりました。日本の皆様のご支援に心から感謝しております。


DSC_2059%BE%AE%B3%D1%B4%DD.jpg
       スマイヤ・アクターさん

奨学生からの便り ー 卒業後の様子

2022年12月27日

皆様こんにちは。私はモニル・フダと申します。私はバングラデシュのクルナ管区で農業関係の公務員の仕事をしています。国際エンゼル協会との出会いは2007年、私が8年生の時でした。私はバングラデシュ西部の辺境の農村に生まれました。

皆様から奨学金をいただけることになり、私はいっそう勉強に励むことが出来ました。皆様から支えられていると感じることで常に前向きに人生を考えることができるようになした。そして昨年公務員として国家の農業政策に関わる重要な仕事に就くことができるようになりました。

今、私は家族の中で唯一の稼ぎ手であり、両親と弟妹の生活を支えています。しかし将来は家族だけでなく、自国の貧しくて困っている人々のために働きたいと思います。

私は皆様の素晴らしい活動の事を生涯忘れることはありません。最後に改めてお礼を申したいと思います。国際エンゼル協会のボランティアの皆様、私を支えて下さり本当にありがとうございました。


DSC_2069%BE%AE.jpg
          S.M.モニル・フダ 




☆ 過去の奨学生の便り ☆


国際エンゼル協会 HOMEへ HOME お問合せ 個人情報の取扱い